内容詳細

商品が未選定、メーカー見積が必要な商品の場合は、施主を近くのメーカーショールームへ案内する。この場合、ショールームの詳細情報をご案内するのみで、直接お連れすることではない。

可能であれば、メーカーショールームを予約代行するとなお良い。

メーカーショールームの詳細情報は各種カタログやホームページに記載されている。なお新しいショールームや移転もあることから、最新のカタログの整備とホームページ上を頻繁に確認し、間違いのない案内をいただきたい。

メーカーショールームの担当者と関係ができると、今後の商品選定や進捗も随時報告がもらえたりとメリットは大きい。また、既に他社が話しを進めていた場合を除き、自社の客としての扱いになる。

★ポイント★

メーカーショールームは活用次第で大きな効果を生みます。まずは近くのショールームをくまなく周り調べまくりましょう。

建築次世代営業システムの全貌が無料ダウンロードできます!只今先行受付中!


関連リスト

【未来の働き方?】Google Telework Loungeとは?

¥0From

テレワークから、あなたらしい働き方をスタートしよう。

  1. モバ...

    レビュー受付中

個人の信用を売り込もう

¥0From

プロフィールシートを活用する

  • 生年月日
  • 星座
    レビュー受付中