内容詳細

SSL対応をしていないと2017年10月に登場する新しいバージョンのブラウザ(Chrome)で御社のホームページを閲覧した方に警告が表示される様になります。

つまり、SSLに対応していないとせっかくアクセスいただいたお客様が不安で立ち去ってしまう、商機を逃しかねないという大問題に直面します。

今さら聞けないSSLとは?

インターネットは暗号化通信するSSLという機能があります。

このSSLに対応している場合、「http」というアドレスも「https」と表示され、情報が保護できる様になります。

参考:https://www.sslcerts.jp/

SSLの確認方法は?

例えば住まい百貨店を例に紹介します。

  1. GoogleChromeで住まい百貨店にアクセスします(このページでOK)
  2. 鍵のマークを押すと保護されているか確認ができます。

SSLにしないとどうなるの?

現段階ではこのように警告が表示されます。

これが、2017年10月以降の新しいブラウザでは、より警告が目立つようにするとGoogleが以前から発表してきました。

もし、まだSSLに対応していない場合は早急に「常時SSL」としてホームページの前ページをSSL化することを推奨します。

案件発生、集客にも多大な影響を与えます。

SSL化の費用は?

以前は高額な費用が伴ったSSL化ですが、最近はとても安価、サーバによっては無料で対応します。

弊社はこのサーバを利用しています。無料でSSLに対応できました。

エックスサーバー

どうやってSSLに対応すれば良いの?

WordPressの場合

SSL対応のサーバでWordpressを利用しているサイトの場合はプラグインで簡単にSSLに対応することが可能です。

参考:https://naifix.com/really-simple-ssl/

ブログの場合

ブログを利用しているサービス会社に確認をしましょう。

実行にはリスクが伴います。

サーバなどの設定やバックアップなど、基本的なWEB制作知識が無いとサイトがアクセスできなくなったり、消えてしまったりするリスクがあります。

不安な場合は制作会社に相談をしましょう。

まとめ

2017年10月はホームページを活用した集客の転換期にもなりかねない、セキュリティ強化の必要性が重要視するタイミングの到来です。

もし、まだ未対応という場合には早急に確認と対応を推奨します。

関連リスト

【未来の働き方?】Google Telework Loungeとは?

¥0From

テレワークから、あなたらしい働き方をスタートしよう。

  1. モバ...

    レビュー受付中

メーカーショールームの案内方法とは

要相談

商品が未選...

レビュー受付中

個人の信用を売り込もう

¥0From

プロフィールシートを活用する

  • 生年月日
  • 星座
    レビュー受付中